トップ フットケアナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

フットケアナビ足の基本知識 > タコはカラダのSOSサイン

タコはカラダのSOSサイン

タコはカラダのSOSサインの画像

足の裏にタコがある方は多いです。
子供にはほとんど見られないのですが、年を重ねると発生してきます。

■タコとは

足の皮膚の特定な場所が硬くなった状態。
1番多くできるのは足裏の中指付近。

■ウオノメとは

点で圧力がかかり、皮膚の奥へ芯のようなものができてひどくなると神経まで圧迫し痛みを伴う場合が多い。足裏や指の間などにできます。

■原因

・横アーチが落ちる(開帳足)。
・合わない靴による摩擦と衝撃
・ヒール靴で足の前足部に過度な体重がかかる
・歩き癖により特定の場所だけ体重をかけてしまう
など。

これが根本原因なので削っただけではタコはなくなりません!

削り続けると逆に、衝撃からカラダを守るため、防御反応が強くなりますますタコを厚くします。

タコやウオノメができているところには衝撃・負担などカラダに悪いストレスが継続的にかかっているということ。
カラダが悲鳴をあげているということです。

タコやウオノメはカラダのSOSサインですよ!

■タコの位置で足のトラブルがわかる■

●足裏、人差し指・中指の下辺り

⇒横アーチが落ちて開帳足です。

●親指のはらの外側(カラダの中心側)・親指の付け根付近

⇒外反母趾、または親指側に体重をかけるような歩き癖があります。

●小指のつけ根付近

⇒内反小趾、または小指側に(カラダの外側に)体重をかけるような歩き癖があります。

●指の先・指の上(甲側)

⇒靴に指があたっています。指が曲がっている場合が多いです。

靴のサイズ選びが合っていません。足が前にすべっている可能性があります。

●かかと

⇒体重のかけ方が極端に後ろです。腰痛になっていませんか?

あちこちにタコがあるかたは、
・足が弱くなっている。
・靴の選び方に問題があります。

クッション性の良い、足に合った靴をはくとタコを小さくすることができます。

痛いタコは、小さくするために適度に削り、再発するのを防止するケアを並行して行うことが大切です。

フットケアナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ フットケアとは

生活習慣や歩き方・靴などによる足のトラブルを解消するケアのこと。 代表的な足のトラブルは むくみ・外反母趾(がいはんぼし)・O脚・タコ・ウオノメ・巻き爪・角質など。 それぞれの足の悩みを改善することがフットケアの目的ですが、まずは足とはどんな役割なのか考えて見ましょう。 足はカラダの一番下にあります。 カラダの中で一番重いのが頭。 重いものがカラダの一番上にあるということはバランスをとるのが難しいということが容易にイメージできると思います。 バランスをとれるようにカラダには

フットケアナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。